可動域-テニス-

ユーチューブなどでシニアの試合など見ると、こんなもんかと思ってしまう。

ところで、そういう人と実際に試合をすると、おそらく手も足も出ない。

見た目以上に、可動域が広いのでそれぞれのショットがそれなりの威力があるような気がする。

加えて、彼らは優勝を念頭に置いた戦いなので、見た目の派手さはなく省エネに徹しているように思う。

ガハハ、人それぞれに目標が異なるが、爺じは基本一生懸命のテニスをする。

体力の温存は考えず、目指すは一勝で、負けても見ている人に良い試合だったよと言われる方が嬉しい。

そのための、ショットは何か何が必要か、意外に45歳以上で優勝している佐藤選手の試合は参考になる。

スライスが強調されるが、きっちり動ききっちり強打しており、ここという時のエースのサーブも持っているようだ。

頑張ろう

広告を非表示にする