西郷どん第5話相撲じゃ!相撲じゃ!を漸く見る

あんまりモエません。

大河名物選挙速報は山口県知事選。長州か。あと長崎。

斉彬治世になって、明るくなったとこから。

で、相撲。御前相撲。

賞品は米十俵!

吉之助たちはテンション上がる。

相撲の協力は早稲田。

於一の北川景子さんは、前作の氏真の辺りか。

謎の男とかいうので劇団ひとりさん。伊藤博文の次は薩摩勢か。席順高いな。

相撲の件で盛り上がる吉之助たちの前に糸。

糸の用事は正助に紙の差し入れ。

ちょくちょく来てくれる糸に、大久保の女衆は茶化す目。

相撲騒動になんとも言えない表情の正助。彼は出れないからね。

で、吉之助の差し入れは海国図誌とか。最近よく出るな。

俊斎は落胆。

お由羅騒動での懲罰や赦免は無し。

これじゃ大久保は救われない。そりゃ正助母は倒れる。靱負も罪人のまま。

斉彬本人の宣言だから間違いない。

ならば、御前相撲で直訴する!

ますます猛る吉之助ら。

でも、なんでみんな斉彬に期待してるんだろ?民主党が勝ったパターンみたい。

相撲に斉興由羅を誘う斉彬。

無駄遣いと断じられて拒否。

黒酢を久光に託して引き下がる斉彬。斉彬は江戸育ちだから、薩摩育ちの久光を頼りにしてる。

久光は、斉彬が3年は治世変更しない宣言をしたことを言うけど、斉興由羅は信じない。

ワタシも信じない。混乱を避けるため最初だけでしょ。

糸に縁談。

格上からの良縁。

糸、浮かぬ顔。

糸、下駄で占おうとしたが、放った下駄は吉之助に当たって、川に流される。

糸、笑って誤魔化す。

吉之助、糸に草鞋を貸す。

デカ過ぎる草鞋にはしゃいだ挙げ句に転ぶ糸。

吉之助がおぶって行くことになる。吉之助は糸が正助の所に行くと思ってるから。

言われた糸は微妙な顔だけど、背負われたら嬉しそう。

それを偶見ていた、糸の縁談相手、海老原重勝

吉之助糸、大久保家に到着。

正助、大喜び。けど糸は来るつもりじゃなかったみたい。

相撲の代表に村田新八が名乗り出る。

吉之助、受けてたつ。説得力のある顔してるな。

新八、立ち会いの変化で吉之助の勝利。大ブーイング。

吉之助は認め、代表は新八。

で、西郷の女衆が糸の縁談をバラす。

糸は場から去り、困惑した表情の正助。

祝福しない正助を不審がる吉之助だけど、気付いた時には周りから止められる。バレバレだったんだから、言うだけ野暮。

吉之助から糸に、サイズ調整した草鞋の差し入れ。

糸、嬉しそう。

吉之助は正助をけしかけるけど、正助は謹慎中。

縁談相手の海老原は相撲にも出るらしい。

ならば、と益御前相撲への期待が高まる。

みんなに、糸も正助に気がある、と言われて満更でもない正助。顔が分かり易くて面白い。

両親に縁談の相談をする。

実は両親の縁談、祖母が策を講じたらしい。

こんくらいの血統がなければ、後の吉之助の諜報御用に繋がらないからね。

御前相撲相撲当日。

島津四家姫君勢揃い、で於一も登場。

けど新八は腹を壊して戦闘不能

代役で吉之助が出ようとするが認められない。そりゃそうだ。

吉之助、必死に訴える。

斉彬、許す。

西郷吉之助

あの吉之助。

相撲でこそこそ賭けをする姫達。

いいノリしてるわ。

於一だけじゃないのが良い。

相撲を観に行かずに西郷家に、吉之助への詫びの品を届ける糸。

正助は糸を家に招いて本心を尋ねる。

そして、糸の意中の人を特定しないまま糸を励ます正助。

糸の真新しい草鞋に気付いて、その顛末を話す糸の表情を見て悟る正助。聡いからね彼は。

相撲、準決勝。吉之助vs格之助。

於一は吉之助に、菓子をベットする。

着飾った少女感のある姫らが、屈強な男らを見回し、薩摩訛りで、賭け事をする画は、なんか倒錯的でいいな。負けた姫の悔しがるのも。

吉之助、勝利。

決勝相手は海老原。だけど、彼は左足首を負傷してる。

傷を狙うか否か。卑怯でもやらねばならぬことがある。

悩む吉之助。

情けは無用

と、カッコいい海老原。少し怒ってる?痛めた左足首に喝を入れて猛る。

於一、吉之助の異変に気付く。わざと負ける気?

斉彬、於一に賭けを誘う。

それでも於一は吉之助に賭ける。

こんくらいのエピソードを入れとけば、後の輿入れ時に一緒に仕事をする際、分かり易くなるか。露骨だけど。

吉之助、相手の足首を庇い、そして勝つ。

於一、気分爽快。

よき相撲であった。次はワシが相手だ

予期せぬ展開に、BGMは重くなり、一同は凍りつく。

土俵上で待ち構える斉彬。

本気?接待?どうすりゃいいの?

行け!!西郷!!私はそなたに全部賭けちょってん!

於一が笑顔で声援。

西郷、立つ。

吉之助、勝利。

皆の者!大儀であった!

非礼?無礼?を働いた?から、西郷家は悲観。

吉之助は牢に。

その牢には謎の男。身形は洋装。

今宵はここらでよかろうかい

西郷どん!チェスト!気張れ!

次回は、恋愛もの?謎の男は漂流者なのね。

紀行は鹿児島市、旧集成館(仙巌園)、反射炉跡、薩摩切子、紅色切子三段重。

薩摩青春編。

やはり斉彬の役者ぶりに違和感が。

まだまだ雰囲気名君でしかないから。